青汁にはどんな種類(原料)があるの?

青汁は、使われている原料や加工法によって、飲んだ時の風味や含まれている栄養素、期待できる効能・効果などが変わってきます。では青汁にはどのような原料があるのでしょうか?ここでは青汁に使用される原料やその原料に含まれる栄養素などについて書いてみたいと思います。

ケール

原料として最も有名なのがケールで、元はキャベツの原種だったと言われています。一年中栽培できるのでとても育てやすく、季節をいとわないほど生命力の強い野菜です。ケールの特徴はなんといってもその栄養価の高さです。β-カロテンやビタミンC・E、食物繊維、マグネシウム、ルテイン、クロロフィルなどがバランスよく豊富に含まれています。ただし、ケールには独特の苦みがあることから「飲みにくい」ことも特徴になっています。とはいえ、最近では、苦みや青臭さが強いケール青汁を、加工法を工夫したり、緑茶やレモン、豆乳など他の食材などをブレンドすることで飲みやすく改良されたものが増えてきているので、いろんなケール青汁を試してみるのもいいでしょう。

大麦若葉

ケールの次に青汁の原料としてよく使われているのが、大麦若葉です。大麦若葉とは、イネ科の植物で名前の通り大麦の若葉になります。一般的に、青汁は「苦い」「美味しくない」というイメージがありますが、大麦若葉は匂いやクセがないのが特徴で、ケールの青汁よりも飲みやすいため、子どもや初めての人におすすめです。栄養素は、ビタミンAやC、ビタミンB群をはじめ、食物繊維、ミネラルやカリウム、マグネシウムなどが豊富に含まれています。そして、活性酸素を分解することができるとして注目を集めているSOD酵素が含まれていますので、アンチエイジング効果はもちろん、様々な病気の原因となるものを抑制する働きも期待できます。

明日葉

明日葉(あしたば)も、青汁の原料として有名です。今日葉を摘んでも、もう明日には芽が出ているという強靭な生命力から明日葉という名前が付きました。明日葉には、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウムやカリウム、食物繊維などが豊富に含まれており、その栄養価の高さはケールに勝るともいわれています。さらに、明日葉には独自の「カルコン」と呼ばれる成分が含まれています。これは、明日葉の茎や根を切った時に出てくる黄色い汁のことです。このカルコンがカラダの中の巡りをよくし、お掃除をしてくれると注目されていて、美肌・ダイエット効果などが期待できると言われています。また、明日葉は最近の研究ではガンに効く食材としても注目を集めています。

よもぎ

青汁に使われている原料として少し珍しいのが、よもぎです。 よもぎが他の植物と違う点は、カラダを温める作用があるということです。昔からハーブの女王として多くの効能を持つよもぎは、煎じて飲むことで冷え症や便秘に効き、温熱効果があるので、美容に詳しい方たちの間で人気を集めています。よもぎの青汁は、冷えをはじめとした女性特有の症状を改善したいという方におすすめです。

 

青汁とは

現代の日本において、普段の食事から必要な量の野菜をしっかりと摂ることができている人はほとんどいません。現に、管理人の青汁ヲタクの周りにも、カラダの不調が野菜不足によるものだと自覚していてもそれをどう解消すればいいのか分からない、という人が結構います。そんな人に是非おすすめしたいのが青汁です。ただ、青汁って聞くと、どうしてもまずそうっていうイメージがありますよね?しかし、最近の青汁はかなり飲みやすくなっていて、思ったほどまずくはないです。むしろ、飲んでみたら意外とおいしいっていう人も多いと思います。なので、ここでは青汁の「まずい」というイメージを払拭してもらうために、青汁とはそもそもどういうものなのか、どんな味がするのか、ということについて書いてみたいと思います。

そもそも青汁って何?

青汁とは生の緑葉野菜を絞ったりすりつぶしたもののことで、たくさんの優れた栄養素が含まれています。原料となる野菜が細かく粉砕されたり絞られているので、普通に調理した野菜よりも青汁の方が手軽にたくさんの量を摂ることができます。また、消化器官への負担も青汁の方が少ないため、多くの栄養素を効率良く吸収することができます。

では、日常的に野菜をたくさん食べているから大丈夫という方の場合はどうでしょうか?現在店頭に並んでいる野菜は、効率よく栽培・収穫するために品種改良しているものがほとんどで、昔と比べると栄養価が格段に低くなっています。そのため、1日分の目安とされる量の野菜を摂っていたとしても、栄養不足になっている方は多いです。こんな時代だからこそ、青汁が必要とされ、人気が高まっているのではないでしょうか。

味はどうなの?苦くてまずいって本当?

「まずい!もう一杯」でおなじみの某CMの影響もあってか、青汁はどうしても「苦くてまずい」というイメージがありますよね?しかし、まずくても健康のために鼻をつまんで我慢して飲むのが青汁、というのは一昔前までのお話です。青汁はその素材や加工法によって味やにおいが全く異なります。各メーカーの努力によって素材に合った様々な加工法が研究され、全くにおいがしなかったり、緑茶のような風味を感じられる青汁などもあります。

青汁独特のクセが少なくなったことから、水以外の飲み物に混ぜたりしていただくこともできるようになりました。カラダのためには毎日の習慣にすることが大切ですし、おいしいと感じられるものでなければ長く続けることはできません。たくさんのメーカーからいろいろな素材の青汁が発売されているので、気になるものは飲み比べて、自分に合うものを探してみるのも楽しいかもしれませんね。初めての人や、過去に苦くて飲めなかったという人は、明日葉か大麦若葉の青汁おすすめです。苦みやクセがなく、本当に飲みやすいです。是非、一度でいいので試してみてください。

青汁はこんな人におすすめ!

青汁が発売された最初の頃は、主に50代以降の中高年の方たちに多く支持されていました。カラダのあちこちに不調を感じ始める年代なので、苦くても野菜不足を解消できる青汁は、まさにうってつけだったからです。しかし、今では各メーカーの努力によって、子どもでも飲みやすいように工夫された青汁がたくさんあります。そのため、最近では老若男女を問わず青汁を飲む人が年々増えてきています。誰でもおいしく飲めるようになった青汁は、野菜が不足しているすべての人におすすめですが、その中でも特にこんな人にはおすすめです。

一人暮らしで忙しい人

仕事が忙しいとつい外食が多くなり、たまに家で食べる時でも一人だとなかなか栄養バランスにまで気を配ることができないものです。特に、ギリギリまで寝てしまって朝ご飯を取らないことが習慣になっている方は要注意です。朝ご飯を抜くと、夜ご飯を食べてから昼ご飯までの長い時間何も食べていないことになり、危機を感じたカラダは生き延びるために脂肪などを溜めこもうとしてしまうのです。青汁なら、ヨーグルトに溶かして朝食にしたり、持ち歩いてランチタイムに手軽に飲むこともできるので、時間や手間をかけずに野菜不足を解消するにはぴったりです。

疲れやすい人

体内からビタミンやミネラルが不足すると、免疫力が低下したり糖代謝が落ちたりして疲れやすくなります。ビタミンやミネラルは野菜に多く含まれている栄養素なので、疲れやすくなっている原因の一つとして野菜不足が考えられます。しかし、毎日大量の野菜を摂ることは難しいですよね?成人が摂取するように推奨されている野菜の量は、1日当たり350gとされていて、大きいサラダボウルに野菜を山盛りに詰め込んだぐらいの量です。これだけの量の野菜を毎日摂るには、調理する手間や時間がとてもかかってしまいます。そこでおすすめしたいのが青汁です。青汁なら、手間や時間をかけずに野菜の優れた栄養をバランスよく摂ることができるので、てっとり早く野菜不足を解消することができます。

食欲がない人

夏バテや、風邪を引いたときなど、食欲不振で十分な量の食事が摂れないときに、短時間で手軽に栄養補給ができるものとして重宝するのが青汁です。食欲がないからと言って食べずにいると、カラダが回復しないどころか、ますます悪くなる一方です。青汁には、ビタミンや食物繊維、ミネラルやカリウムなど、人間にとって必要な栄養素がたっぷり含まれているので、食欲がない人にも最適です。また、青汁の原料としてよく使われるケールには、アルコールを分解する成分が含まれているので、二日酔いにも効果的です。お酒を飲みすぎた翌日は、食欲が低下したりすることもありますよね?青汁なら、アルコールを分解すると同時に栄養も補給できるので、一石二鳥の働きをしてくれます。

他にもおすすめしたい人はいっぱいいます!

特におすすめしたい人として、いくつか例を挙げてみましたが、「青汁で便秘が解消できる!」や「青汁で花粉症対策ができる!」でも書いている通り、便秘に悩んでいる人や、花粉症に悩んでいる人など、青汁をおすすめしたい人は他にもいっぱいいます。また、明日葉を原料とする青汁は、ガン予防にも良いとされているので、ぶっちゃけ健康な人にもおすすめです。ただし、青汁は薬品ではないので、1日か2日飲んだからといって望む効果がすぐに得られるわけではありません。ですので、継続して飲み続けることができない人には向いていないかもしれません。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !